ギリシャプラザのTwitter

ギリシャプラザのTwitter

    follow me on Twitter
    プロフィール

    Author:エリニカ
    エリニカへようこそ!Καλώς ορίσατε !!
    ギリシャプラザのホームページもご覧ください!
    (このページの右側のリンクのところから飛べます)

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    フリーエリア
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
    Trackback(-) | Comments(-)
    ギリシャを紹介するテレビ番組のお知らせ
    みなさん、カリスペラ(こんばんは)! ギリシャを知りたいみなさんに耳よりなお知らせです。11月17日(土)と24日(土)、それぞれ午後10時30分から、テレビ東京(12チャンネル)の地球街道という番組で、つい最近(10月にロケしたもの!)のギリシャの様子が放映されますよ。前編の17日(土)は、アテネのパルテノン神殿、ミコノス島、デロス島。後編の24日(土)は、デルフィ、テルモピレー、メテオラといった地域が見れます。現地の人々とのふれあいがある番組です。お見逃しなく! この番組のナレーターは中村雅俊さん、現地を歩いて紹介するのは草刈正雄さん。観光的にはオフシーズンですが、ギリシャ人の日常生活が見れること請け合いです。
     アクロポリス



    スポンサーサイト
    ギリシャ観光 | 【2007-10-31(Wed) 22:45:44】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    ギリシャへ行くなら。。
    ギリシャへ行くんだけど、いつ頃がおすすめはてな。。ってよく聞かれます。で、わたしのおすすめ: 初めて行く人は、4月から9月の間に行きましょう。ギリシャも日本と同じように四季があって、一年を通して気温も日本と似たようなものです。決定的にちがうのは、4月から9月の間はほとんど雨が降らないということと、夏場はものすごくカラッとしてて、日本のようなじめじめした湿気がないってことです。ただ、7月から8月にかけては猛暑で45度以上になることもあるので、暑さに弱い人はこの2ヶ月は避けたほうがいいかも。 海岸線
    そしてぜひぜひおすすめしたいのは、エーゲ海の島へ行くこと。日帰りのミニクルーズで行ける近場ではなく、もうちょっと足をのばしてみましょう。できれば、キクラデス諸島の島とか。ギリシャの風景写真でよく見かける「青い海と白い家々」の世界にいきなり入り込めます。1~2泊でもいいからお泊りして、ビーチで寝そべったり、散策したり。時が流れるスピードが日本とちがうことを実感してください。おしゃれなものや豪華なものや便利なものなんて何もなくても、優雅で豊かな気分にひたれます。島の人に出会ったら、「カリメーラ」(おはよう、こんにちはと声をかけてみて。ギリシャ人は老若男女を問わず好奇心旺盛で親切。「どこから来たの?」「名前はなんていうの?」「何歳?」とか、「日本から来たの?日本はいい国だねぇ」なーんて言われて、ギリシャ人が親日的なのがわかります。。

    ギリシャ観光 | 【2007-10-30(Tue) 23:07:43】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    冬が近づくと。。
    夏のバケーションの季節が終わって、また、通常の仕事場にもどった時、ギリシャ人たちは互いに「カロー・ヒモーナ」(よい冬を!)とあいさつします。さぁ、また来年の夏を楽しみに、がんばって冬を乗り切ろう!。。。そんな感じ? 農村では晩秋の頃からオリーブの実の収穫が始まります。たわわに実がなったオリーブの木をパンパンたたいて、実を落とすのです。昔から続いている、世代から世代へ受け継がれてきた農作業です。いっぱい実が落ちたら、それらを集めて、しぼって、オリーブオイルにします。オリーブオイルはギリシャ料理には、なくてはならない必需品。オリーブオイルのお話は、別の機会にしますのでお楽しみに。 夕暮れの海


    ギリシャ人 | 【2007-10-30(Tue) 19:49:48】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    「お昼寝」の習慣。。。
    くどいようですが、ギリシャの夏は暑いのです。暑い時には無理をしないでおとなしく寝ている。。。それが先人の知恵というもの。だって、刺すような日差しの炎天下、屋外へ出て何をやっても能率悪そうですよね。それより、昼食をとって満腹になった後は涼しい日陰で睡眠をむさぼるのが最高。。いい夢も見れそう。そういうわけで、昔からお昼寝の習慣がありました。特に午後3時ごろから5時ごろまでは、音をたててはいけない「静寂の時間」です。皆が寝ていて、あたりは静まりかえってシーンとしているから迷惑をかけてはいけないのです。午後5時を過ぎると、お目覚めのコーヒーを飲んで元気をとりもどし、さぁ、一日の第2部の始まり!涼しくなった外へ出て、買物やお散歩に行ったり、カフェでお茶をしたり、おしゃべりしたり。夜がふけると、仲間たちと食事に繰り出したり。。。真夜中すぎまでギリシャ人の一日は長~い。
    夏のビーチ

    残念ながら、こんなすばらしいお昼寝の習慣も、ここ10年ぐらいでだんだん衰退しつつあります。だって、ギリシャも一応、EU(ヨーロッパ連合)の加盟国。お昼寝ばかりしていると、どんどん他の国々から取り残されてしまうのです。ヨーロッパの水準に合わせないといけないので、朝9時から夕方5時までという業務時間のオフィスも一般的になってきました。都会の若い人たちはお昼寝をしなくなって、ちょっとさみしいかなぁ。。 ゆとりがあってこそ、哲学も生まれ、人生が豊かになりそうな気がしませんかローズ 幸いなことに、ビジネスとはあんまり関係のない農村地方やエーゲ海の島々ではお昼寝の習慣はまだまだ続きます。。。

    ギリシャ人 | 【2007-10-30(Tue) 01:01:04】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    ギリシャ~古代と現代をつなぐもの~
    パルテノンです
                                                                       ギリシャって、行ったことがない人たちにもけっこうイメージがいいんですよね。たぶん、世界の歴史を学校で学ぶときに最初のほうに出てきて、紀元前つまり今から2千数百年前にすでに人類の叡智を結集したようなすごい文明社会が出来てました。。。。なんて教えられるものだから、「すごいな~」って思って、頭の片隅に残ってるんですね。実際、古代ギリシャってほんとに偉大。政治も自然科学も、文学も、芸術も、ほぼ完璧な域まで到達しました。一方、現代のギリシャって、あんまり知られていません。毎回オリンピックのときに開会式の入場行進で最初に出てくるぐらいで、それ以外のときはほとんど出番がありません。ギリシャ製の製品とか産物も、あまり見ないし、芸術やスポーツでも活躍している人は少ないし。。。なんていうか、存在感があまりない感じ。いったい過去の偉大な栄光はどこへ行ってしまったの?ギリシャ人の叡智はどうなったの?って意見もあるかもしれません。学術的には、古代ギリシャ人と現代ギリシャ人はほとんど関係ないらしいです。なんせ、3千年ほどの間に、ギリシャの地にもさまざまな民族が侵入して、台頭したり、入り混じってますからねぇ。それでも、すごいのは、ギリシャ語が延々と古代から現代まで続いてきたことです。古代においては、ギリシャ語を話す人のことを「ギリシャ人」と言ったのですが、今の時代もやっぱり、ギリシャ語を話す人がギリシャ人ということで定義されていいんじゃないかと思います。友人のギリシャ人たちが言うには、古代ギリシャの叙事詩を読むと、そこには今の自分たちと同じ感情をもった祖先の思いが感じられる、まさしく同じギリシャ人の血が流れていると感じるんだそうです。いずれにしても、現代ギリシャは小さい国だし、存在感が薄いんですが、そこに生きるギリシャ人たちは、誇り高く、喜怒哀楽が激しく、きわめて人間くさい人たちです。私たち、日本人が忙しい現代社会で生きているうちに、どこかで置きざりにしてしまった温かい心がありそうです。そんなギリシャ社会とギリシャ人を今後、少しずつご紹介していきますねオンプB2

    ギリシャ語 | 【2007-10-28(Sun) 23:15:45】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    アテネ
    アテネ風景

    ギリシャの首都、アテネはアッティキ県にあります。盆地にぎっしりと白っぽい建物が所狭しと並んでいます。アテネとその周辺の、いわゆる首都圏に4百万人ほどの人々が生活しています。ギリシャ全土で1千万人あまりの人口ですから、都会に人口が非常に集中していることがわかりますね。今日、10月28日(日)の明け方から、ギリシャはサマータイムが終わって冬時間です。これから来年の3月下旬まで、日本との時差は7時間になります。

    ギリシャ観光 | 【2007-10-28(Sun) 11:36:37】
    Trackback:(0) | Comments:(3)
    ギリシャ人の名前
    ギリシャでは、大多数の国民がギリシャ正教徒です。キリスト教です。キリスト教というと、カトリックとかプロテスタントを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、ギリシャ正教やロシア正教など「正教」というのは、正統派という意味で、もともと一つだったキリスト教が分裂する前の源流を汲んでいるのです。
    そして、ギリシャ人の生活や精神文化の根底には、このギリシャ正教が根ざしています。赤ちゃんが生まれたら、1~2年以内に教会で「洗礼」を受けます。この洗礼を受けて、赤ちゃんはギリシャ正教徒として認められ、初めて名前も与えられるのです。(それまでは単に「赤ちゃん」と呼ばれ、名前はありません) 通常、その赤ちゃんが長男・長女である場合は、父親方の祖父母の名前をつけられます。次男・次女は、母親方の祖父母の名前をつけることが多いです。祖父母の名前を孫につけて隔世で同じ名前がずうっと繰り返されていきます。
    たとえば、おじいちゃん【コンスタンティノス】⇒息子【イオアニス】⇒孫【コンスタンティノス】⇒(孫に子どもが生まれたら)【イオアニス】⇒さらにその子どもは【コンスタンティノス】。。。。こんな感じです。

    ギリシャ人 | 【2007-10-27(Sat) 10:41:17】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    ギリシャ語から来ていることば

    カリスペラ (こんばんは)。
    今回は、ギリシャ語をルーツとすることばを少しだけ紹介します。


    アイデア、オーラ、ジレンマ、リューマチ、ダイナミック、ミクロ などなど。。。 だいたい、学術用語や医学用語はギリシャ語がいっぱいです。


     


     


     



    ギリシャ語 | 【2007-10-27(Sat) 00:36:01】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    犬たちの暑い夏
    アテネの街中や郊外で、やたら野良犬を見かけます。ギリシャの野良犬は大型犬が多い。性格は概して温厚でおとなしい(ギリシャの人間と対照的)。人間を気にするでもなく、暑い日には、お腹を空に向けたりして、気持ち良さそうに、無防備でダラ~っと寝ている。。。一方、人間もそれを気にしてない様子。これも一種の共存・共生??
    <>怠け犬2


    ギリシャ観光 | 【2007-10-27(Sat) 00:25:18】
    Trackback:(0) | Comments:(0)

    ギリシャの夏は暑い。今年(07年)の夏は日本も暑かったけれど、ギリシャだっていつもに増して猛暑で、気温は46度ぐらいまで達した。居間に飾ってあったキャンドルが、室温でグニァ~と曲がってしまった。何より、山火事でギリシャ各地の、それでなくても少ない貴重な緑がものすごくたくさん灰になってしまった。。。元のように回復するまでにはおそらく数百年かかるだろう。さて、暑いのは人間だけではない。ワンちゃんたちだって暑くてたまらなかったのだ。もともと、傍若無人なギリシャの犬たちが、暑さのせいで、所かまわず、なりふりかまわず、ちょっとした日陰を見つけては、ぐったり、でれぇ~っと、天井向いて寝ていた。 


     


     



    ギリシャ観光 | 【2007-10-24(Wed) 23:59:17】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    今日のニュース ~
    ギリシャ政府は、国会での来年度予算審議に合わせて、間接税の法案を準備中。新予算の歳入目標が厳しいことから、この法案では付加価値税、燃料特別消費税の税率アップ、統一固定資産税などを見込んでいる。
    ⇒どこの国民も、税金が上がるのは困りますよねぇ。。


    野党第一党のPASOK(汎ギリシャ社会主義運動)の党首選挙が11月11日に予定されています。候補者は、ヨルゴス・パパンドレウなど3人。

    ギリシャのニュース | 【2007-10-22(Mon) 21:55:51】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    簡単なギリシャ語のあいさつ、おぼえませんか?
    ギリシャ語のあいさつをご紹介します。
    カリメーラ(Καλημέρα):おはよう (朝からお昼過ぎまで使えます)太陽
    ヤーサス(Γειά σας):こんにちは。さようなら。(一日中、いつでも使えます)


    ギリシャ語 | 【2007-10-21(Sun) 23:36:50】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    最初のショック!
    、初めてギリシャへ行ったときのことです。イタリアのブリンディジから、フェリーに乗って、ギリシャで3番目に大きいパトラという都市に着きました。その頃のわたしは、ギリシャに特に関心があるわけではなく、たまたま参加した学生ツアーの最後の訪問地がギリシャだったというだけです。
    そうしてパトラに着いてみて、びっくり! 街中の看板や表示が普通のアルファベットではなくて、Α,Β,Γ,Δ,....Ω。。。大嫌いだった数学でたびたびお目にかかった、Π,とかΘとかもあって、とにかく不思議な感じ。何も読めない。正確にいうと、アルファベットという言い方は、このギリシャ文字の最初の2文字、Α(アルファ)、B(ヴィータ)から、来ているのですが、今の世の中にこんな古めかしい、読めないアルファベット使ってる国があるなんて知らなかった。。。これが、ギリシャとの出会い、そして最初のカルチャーショックでした。

    ギリシャとわたし | 【2007-10-21(Sun) 22:56:33】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。