ギリシャプラザのTwitter

ギリシャプラザのTwitter

    follow me on Twitter
    プロフィール

    Author:エリニカ
    エリニカへようこそ!Καλώς ορίσατε !!
    ギリシャプラザのホームページもご覧ください!
    (このページの右側のリンクのところから飛べます)

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    フリーエリア
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
    Trackback(-) | Comments(-)
    ヨーロッパ(Europe)の語源 ~ギリシャ神話から
    ヨーロッパ(Europeというのはギリシャ語起源のことばです。ギリシャ語で書くとΕΥΡΩΠΗ―現代ギリシャ語では「エヴロピ」と読みます。“ヨーロッパ”をローマ字読みすると“エウロペ”ですね。エウロペは、ギリシャ神話の中に登場する女性の名前。その物語とは: ある時、フェニキアの美しい王女エウロペが海岸のそばで花を摘んでいました。たまたまそこを通りかかった、天空を支配する全知全能の神ゼウスが彼女に一目惚れ。白い牡牛に変身して、エウロペの前に現れます。エウロペがこの美しい牡牛(ゼウス)の背に思わず乗ると、牡牛(ゼウス)は、彼女を背中に乗せたまますばやく海をわたってクレタ島に運れ去ったのだとか。牡牛(ゼウス)がエウロペを乗せてめぐった地域を、その名にちなんでヨーロッパと名づけたというのです。
    また、別の一説では、ゼウスの正妻の女神ヘラがエウロペに嫉妬して、エウロペを牝牛の姿に変えてしまい、その耳元にアブを入れました。耳の中でブンブンうるさいアブに苦しむ牝牛のエウロペがアブから逃れるために走り回った地域全体がエウロペ(ヨーロッパ)と名づけられたとか。。。 ほんとは古代アッシリア語に由来するとか、いろんな話がありますが、おおらか(ちょっとひどいのもありますが。。)で人間くさいギリシャ神話の世界を楽しみたいですね!
    パトモス



    スポンサーサイト
    ギリシャ | 【2007-11-29(Thu) 23:25:06】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    黙ってなんかいられない。。
    年金基金問題と、原油高騰の影響で値上げの嵐・・・、日本の話かと思いきや、ギリシャのことです。どこの国も同じようなものなんですね。。。ちがうのは、ギリシャ人は、そういう時、黙っていないってこと。ストライキとかデモをやって断固抗議するんです! ギリシャでは今、破綻寸前の年金基金の問題に直面しています。年金受給年齢を引き上げるとか、年金額を減らすといった政府の年金政策に抗議して、各地でデモをやっていますが、今日、26日(月)は教職員のストライキ(学校が休みになる)、27日(火)はジャーナリストのストライキ(つまり、新聞やテレビに影響が出る。。)が予定されています。たぶん、このあともストライキが目白押しかも?? アテネの風景


    ギリシャ人 | 【2007-11-26(Mon) 01:06:12】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    世界遺産
    ギリシャには、ユネスコの世界遺産に登録されているものがなんと17もあります。そのうち、複合遺産(自然遺産+文化遺産)なのが、アトス山とメテオラ。北西ギリシャにあるメテオラの奇岩群は、高さ400メートルほど。頂上には修道院があります。9世紀頃からキリスト教の修行士たちがよじ登って、洞穴や岩の裂け目に住み着き、世俗を離れて、祈りや瞑想・断食をしてたんだそうです。14世紀には最初の修道院が作られ修道士たちが共住。最盛期には24あった修道院も、今では人が住んでいるのは5つだけ。昔は、縄梯子やカゴを降ろして地上と頂上の間を行き来していたんだそうですよ。meteora..jpg

    FC2 Blog Ranking 
    ブログランキングに参加しています

    ギリシャ | 【2007-11-24(Sat) 08:59:38】
    Trackback:(0) | Comments:(2)
    ギリシャの産物
    ギリシャの産物、日本ではあまり見かけませんね。いったい、ギリシャってどんなもの生産してるの?ということで、昨日のギリシャの新聞の記事を一つご紹介します。
    【ケルキラ島の昔ながらの手作り石鹸】
    石鹸を作り続けて157年。ギリシャのイオニア海(イタリアとの間にある海です)に浮かぶケルキラ島で、1850年から家内工業的に続いてきた石鹸屋さんの『緑の石鹸』。昔ながらの製法で自然のもたらす香りの良さに惹きつけられ、お客は途切れません。さまざまな合成添加物を避けたい消費者に支持されているようです。7年前からは国外へも輸出。生産量の実に70%は日本へ、残りはヨーロッパの国々へ。地元ケルキラのお客も多いですが、首都アテネでは2つのドラッグストアでしか売っていません。現在、夫婦と3人の従業員で、年間30~40トンの石鹸を生産しています。
    (作り方)オリーブオイルと苛性ソーダと溶解塩を混ぜて1週間にわたり大釜に入れておく。できた溶液を型にはめて2-3日固める。通常のサイズに切り分け、1個、1個の上に焼印で社名を入れる。今でも祖父が使っていた焼印を使っている。そのあと、3-4ヵ月間、木枠の乾燥器に置いて水分を抜き、完全に乾いたら石鹸の出来上がり。 (11月20日のギリシャの新聞「タ・ネア」紙掲載記事から要約)
    村



    ギリシャ | 【2007-11-21(Wed) 13:14:36】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    ギリシャ語はむずかしい?やさしい?
    ちんぷんかんぷん とか、『それはわたしにはさっぱりわからない』って言いたいとき、英語では  That’s all greek to me. といいます。つまり、greek(ギリシャ語)が、「難しい、わけのわからないこと」の象徴として使われているのです。じゃ、ほんとにギリシャ語はそんなにむずかしいのかというと。。。。そうでもない(と私は思います)。合理的で、あいまいさがないから、外国人にも学びやすいです。なにより文字なんてたった 24文字しかありません。しかし、多くのギリシャ人は、ギリシャ語が世界中で一番むずかしいと思っていたりします。だから、ギリシャ語を話す外国人を見かけると、『すごい!!』 『いったいどこでギリシャ語を勉強したの!?』と尊敬してしまうみたいですよ。ギリシャに行ったら、あなたもギリシャ人に一言、ギリシャ語で話しかけてみませんか? ギリシャ語教室・レッスンはこちらをご覧ください⇒ http://www.e-girisha.com風景


    ギリシャ語 | 【2007-11-19(Mon) 22:14:46】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    たのしいギリシャ語 一言会話レッスン
    ポーッ、ポーッ、ポーッ。。。。これって何だと思いますか?「ハトポッポ」ではありませんよ。ギリシャ人が驚きを表現するために発することばです。日本語でいうと、「わぁ、すごい」とか「えーっ!?」とかそんな感じ。。。日本国内で使うのはちょっとはずかしいかも??
    アクロポリスから


    ギリシャ語 | 【2007-11-16(Fri) 21:42:25】
    Trackback:(0) | Comments:(30)
    イソップ寓話もギリシャ生まれ
    ウサギとカメ」、「アリとキリギリス」、「北風と太陽」などで、誰もが知っている『イソップ寓話』(イソップ物語)。古代ギリシャの寓話作家、イソップ(日本では英語読みで、イソップと呼ばれていますが、ギリシャ語ではΑίσωπος―現代ギリシャ語読みでは“エソポス”)が作ったものだそうです。紀元前600年頃の人なので、これらの寓話はなんと今から2600年以上もにできたんですね。登場するのは動物が中心で、どの話にも教訓があります。今の時代にも通用する話がいっぱい。つまり、人間が教訓にすべきことって、数千年前からあまり変わってないらしい???
    村の風景

    (この写真は、今年の夏のギリシャの村の風景。。。イソップ寓話とは関係ありません。。。。)

    ギリシャ | 【2007-11-14(Wed) 23:09:28】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    マラソンの語源
    長距離競技の花形は、やっぱりマラソンですよね。その「マラソン」の語源は、「マラトンの戦い」のエピソードに由来します。「マラトン」(Marathon)とはギリシャの地名で、これを英語読み(日本語読み?)してマラソン。紀元前490年(今から2500年ほど前!)、ペルシャ軍が海路ギリシャに遠征して、マラトンの野に上陸しました。そして、そこでペルシャ軍とこれを迎え撃つギリシャ軍が戦い、ギリシャ軍が圧勝したのです。このとき、急使に選ばれたギリシャ兵士が、戦場のマラトンからアテネまでの約40キロを全速力で走りぬき、アテネの人々に「勝利した!」と叫んで伝えて、息絶えたというのです。
    近代オリンピックは1896年にアテネで第1回が開催されましたが、ギリシャの歴史に関係の深いこの悲壮なエピソードを記念して、オリンピック種目にマラトンの古戦場からアテネの競技場までの長距離走を加えることになって「マラソン競走」と名付けられたそうですよ。

    (注)古代のエピソードなので、いろんなバージョンがありますが、以上はその一つです。

    風景


    ギリシャ | 【2007-11-12(Mon) 02:34:38】
    Trackback:(0) | Comments:(1)
    ミコノス島と与論(よろん)島
    日本とギリシャの都市間などで姉妹都市提携(友好都市提携)をしているカップルが8つあります。そのうちの1つがミコノス島と与論(よろん)島。ミコノス島は、エーゲ海のキクラデス諸島にある島の中で一番有名な観光地。毎年夏になると、世界中から観光客が集まってきます。エーゲ海クルーズの豪華客船も必ず立ち寄る島でもあります。真っ青な海に浮かぶ白壁の家並みと風車の景色はとてもロマンチックで、多くの人々を引きつけています。ステキなビーチや近くに遺跡があるのも魅力。一方、与論島は鹿児島県最南端にある、さんご礁に囲まれた美しい島。島の中心市街地を中心に、ミコノス風の白を基調とした街並み整備をして、海岸通りもミコノス通りと命名したりして、ギリシャの雰囲気たっぷりです。
    海岸線


    ギリシャ姉妹都市 | 【2007-11-10(Sat) 00:36:34】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    冬に向かうエーゲ海
    エーゲ海の島々をめぐる大型客船も、11月になるとオフシーズン。あの、真夏の、ゆらゆら揺れる透明な空気とキラキラ輝いていた海面はすっかり姿を消し、さびしい海に様変わり。夏の間はとてもおだやかでやさしい貴婦人のようだった海が、冬場は波風が強まり、船が欠航することもあります。観光客がいなくなった島々からは、夏場だけ開いていた店のオーナーたちがアテネに帰ってしまい、お店は、来年の観光シーズンまで閉まったまま。冬が過ぎ、また春が来て暖かくなるまで、しばらくエーゲ海めぐりはお休みです。
    海を行く


    ギリシャ観光 | 【2007-11-08(Thu) 23:48:30】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    同じ名前の人だらけ。。。
    たとえばアテネの街中で、『ヤニー!』と大声で呼んだら、大勢の人が、自分が呼ばれたと思って振り返ることまちがいなし。。。 なぜなら、この名前の人がものすごく多いからです。「ヤニス(正式にはイオアニス)」、「ヨルゴス(正式にはヨルギオス)」、「コスタス(正式にはコンスタンティノス)」、「ニコス(正式にはニコラオス)」、「ディミトリス(正式にはディミトリオス)」。。。これら5つの名前だけでおそらくギリシャ男性全体の8割ぐらいになるんじゃないかと思います。女性の名前だと、ダントツで「マリア」、次に「エレーニ」、「アンナ」。この3つで女性の過半数確実!ちょっと不思議な気がするかもしれませんが、ギリシャではキリスト教の聖人の名前にちなんで、名前をつけることが多いのでこうなってしまうのです。だって、聖人なんてそうたくさんいませんからね。さて、同じ名前の人がいっぱいいるので、同名の他の人たちと区別するために呼び方に工夫をします。たとえば、「コンスタンティノス」という名前の男の子だと、コスタス、コスティース、ディノスなど。。。親が好みで呼び方を決めます。そして、独特のものとして、『名前を祝う日』というのがあります。1年に1回、それぞれの聖人を祝う日があるのですが、聖人を祝う日=聖人と同じ名前をもつすべての人の祝福日です。誕生日よりも、こちらのほうがよっぽど重要。たとえば、ラジオを聴いていると、『今日は××という名前を祝う日です。全国の××さん、おめでとう!!』。。こんな感じです。ちなみに、まもなくやってくる12月6日は『聖ニコラオス』の日。この日、ギリシャ全国の『ニコラオス』という名の人がお祝いをするのです。あなたの周囲に『ニコラオス』とか『ニコス』という名前の人がいたら、12月6日当日、『おめでとう!!』といって祝福してあげましょう。
    パルテノン神殿


    ギリシャ人 | 【2007-11-06(Tue) 21:10:58】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    ギリシャの食卓は何がなくともオリーブ油
    ギリシャの食卓になくてはならないもの・・・それはオリーブ油。ギリシャ人とオリーブ油は切っても切れない関係です。まず、ギリシャ人なら誰しも生まれてまもなく教会で洗礼を受けますが、その神聖な儀式では頭からオリーブ油をかけられます。ま、普通の生活の場面では、オリーブ油はもちろん食するもの。以降、一生涯ずうっとオリーブ油を食べ続けるのが一般的。『お宅は1年に何缶ぐらい(オリーブ油を)消費するの?』 『そうねぇ。うちは5缶か6缶ぐらいかなぁ。』・・・主婦の間でよくこんな会話が聞かれるけど、ここで注目したいのは、『缶』。どんな缶か?答えは一斗缶です!別に、灯油燃料として使うわけではありません。揚げ物油として大量に使うわけでもありません。全部食べてしまうのです。ギリシャ料理のレシピを見ると、オリーブ油を玉じゃくし3杯入れてください、なーんて平気で書いてあってびっくり。とにかくたくさんオリーブ油を食べるんですね。サラダだって、オリーブ油の中にトマトやきゅうりが浮いてる感じ。。。それが原因かどうか定かではありませんが、ギリシャはEU(ヨーロッパ連合)加盟国の中で一番の肥満大国だそうです。。ついでに、世界有数の長寿国でもあるそうですよ。 
    ギリシャの料理交流会はこちらをご覧ください⇒ http://www.e-girisha.com
    食卓


    ギリシャ料理 | 【2007-11-05(Mon) 21:58:38】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    ギリシャ語検定試験
    が深まってきましたね。ギリシャも同じく秋で、11月に入ってからは全国的に気温が下がり、風や雨の強い日が続いています。ギリシャの秋は情緒や風情があまりありません。強風がビュンビュン吹いて砂とかを巻き上げて、雨が降るたびに気温が下がっていき、ひたすら冬に近づいていく感じです。。。
    さて、今日は、ギリシャ語検定試験についてのお話です。古典ギリシャ語ではなく、現代ギリシャ語の検定試験です。1994年にギリシャの文部省(教育宗教省)によって設立されたギリシャ語センターが毎年5月に世界各国のセンター支部で行っているギリシャ政府公認の検定試験で、日本では今年初めて実施されました。
    (↓写真の下に続く)
    街の風景

    検定試験は4つのレヴェル(級)に分かれていて、それぞれのレヴェルで「読解」「聴解」「作文」「会話」の4つの能力を審査します。
    日本で初回の今年は、去る5月に慶應義塾大学において実施されました。
    レヴェルについては次のとおり:
    【Αレヴェル】
     ネイティヴスピーカー同士の会話や、日常的な内容の簡単な文章、さまざまなメディア(新聞、ラジオ、テレビ、広報)の報道が概ね理解できる。基本的な情報のやり取りができる。短い簡単な文章が書ける。
    【Βレヴェル】
     新聞の広告、機器の使用方法、手紙、メッセージ、レポート、記録などの特定のテーマについてその内容のポイントをおさえて理解することができる。特定の場面で効果的に会話をしたり、簡単に個人的見解を述べたりできる。特定のテーマについてその情報を伝える短文が書ける。
    【Γレヴェル】
     3~4人の会話や新聞、雑誌、規則書、公式文書などから情報や意見を引き出して、正確に理解できる。友人同士のまたは公的な会話に参加して、要領よく受け答えができ、個人的見解や経験を明快にそして正確に述べることができる。必要な情報を詳細に伝えることができる。ギリシャで中等教育を受けていない人に対するギリシャの大学への登録資格。
    【Δレヴェル】
    多くの人々の間でかわされる会話を聞きながら、そこでとりあげられるさまざまな話題について、それまで知らなかったことでも理解できる。口頭または文書で伝えられる意見を理解できる。いろいろなタイプの文章を使い分けられる。幅広いテーマについて個人的、職業的経験に基づく見解を正確に伝え、明快かつ流暢に表現できる。EUの市民がギリシャの高等教育機関で働くための資格。

    試験の採点はギリシャの本部が行ない、結果は9月ごろに受験者に通知されました。
    これまで、このような現代ギリシャ語の能力をはかる検定試験がありませんでした。そういう意味では、ギリシャ語を学んでいる皆さんにとってはすごく励みになりますね。次回は2008年2月~3月頃が申込期間、5月に実施される予定です。興味のある方には情報提供しますので、このブログにご連絡ください。



    ギリシャ語 | 【2007-11-03(Sat) 23:58:08】
    Trackback:(0) | Comments:(1)
    コミュニケーションは大切。。
    ギリシャの人々は、家族そして親類、一族郎党とのつながりをたいせつにします。特に用がなくても頻繁に電話して、毎日顔を合わせている相手にも「ティ・カニス? カラー?Τι κάνεις; Καλά;」(どうしてる?元気?)とか、「今日の昼食のメニューはなあに?」とか。話題なんてなくても全然平気。今日なにを食べたとか、体調、家族のことや近所のこと、うわさ話、物価が高い、石油代が高い、テレビ番組、プロサッカーチームの試合結果、政情。。。しゃべる内容は何だっていいんです。おそらく、世界の中でもギリシャ人の電話の利用率と長電話の率は最高水準にちがいありません。。。 「便りのないのはいい便り」なんていうのはギリシャ人には通用しないかも。相手のことをどれだけ思っているのかを最大限にアピールして相手に伝える、それがたいせつ。もちろん、友だちづきあいにおいてもこの精神は同じですよ。
    ギリシャの女性



    ギリシャ人 | 【2007-11-03(Sat) 11:13:21】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    あいさつのことばなど。。
    カロー・ミーナ(καλό μήνα)(訳:よい1ヵ月になりますように。) 
    ギリシャでは、1ヵ月の初め、つまり毎月1日とか2日ごろに人に会うと、まずこのようにあいさつします。1週間のはじまりである月曜日には、カリー・エヴドマーダκαλή εβδομάδα)(訳:よい1週間になりますように。)とあいさつします。あいさつはコミュニケーションの潤滑油。使ってみましょうね!
    路地

    ついでに、おぼえておきたいことばやみなさんが関心ありそうなことばをいくつかご紹介しましょう。
    エフカリストー ευχαριστώ (ありがとう)
    シグノミ συγγνώμη (ごめんなさい)
    サガポー σ΄αγαπώ (愛してる)
    イァポニア Ιαπωνία (日本)
    エゴー εγώ (わたし)⇒エゴイズムの「エゴ」ってことばの語源です。



    ギリシャ語 | 【2007-11-02(Fri) 19:55:09】
    Trackback:(0) | Comments:(3)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。