ギリシャプラザのTwitter

ギリシャプラザのTwitter

    follow me on Twitter
    プロフィール

    エリニカ

    Author:エリニカ
    エリニカへようこそ!Καλώς ορίσατε !!
    ギリシャプラザのホームページもご覧ください!
    (このページの右側のリンクのところから飛べます)

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    フリーエリア
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
    Trackback(-) | Comments(-)
    サマータイム スタート
    ギリシャでは、3月30日(日)午前3時から、サマータイムになります。つまり、この日、午前3時になったら、時計を1時間早めて午前4時に合わせます。日本との時差はこれから9月末まで、6時間。ギリシャは,やっぱりなんたって夏が魅力的ですよね。
       ハドリアヌスの門


    スポンサーサイト
    ギリシャ観光 | 【2008-03-30(Sun) 00:11:55】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    3月25日はギリシャの独立記念日
    さて、今日3月25日は独立記念日。1821年にトルコから独立したことを記念して、ギリシャの各市町村でパレードが行なわれました。アテネはパプリャス大統領をはじめとして多くの来賓を迎えて、大々的なパレード、(陸軍、空軍、海軍、消防隊、警察等々・・・。戦車や戦闘機も)が行なわれました。
    今回は火曜日にあたったので、昨日の24日は休日を取った人が多く、4連休となりました。
    今日は独立記念日のほかに宗教的にも「エヴァンゲリズモス」で聖母マリアが受胎したと知らされたことを記念する日で、今日はバカヤロ・スコルダリャ(たらのような白身の塩付けの魚を塩抜きし、油で揚げ、ガーリックソースで食べる)をギリシャ中の家庭でそれを食べながら祝います。
    皆、ニンニク臭くなるのですが、この日ばかりは皆食べるので臭くてもいいと堂々と食べます。(A.B)



    ギリシャ | 【2008-03-25(Tue) 23:47:39】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    今だから語れるアテネオリンピック周辺の話 その3
    オリンピック開会式前後の街なかでは、日本のテレビ局や新聞の取材班が、道行く人々(ギリシャ人)に声をかけては、『オリンピックの準備が間に合わなくてたいへんですよね?』とか『何か問題だと思うことはありませんか?』などと、ニュースのネタを探して水を向けるのですが、誰に聞いても答えは同じ:『だいじょうぶですよ。問題ありません。すべてうまくいってますよ。』・・・ギリシャ人はプライドが高いのです。世界中からやってきた人々にギリシャの悪口なんて言わせません。そして確かに、いざオリンピックが始まってみると、空港も地下鉄も道路も各会場も完成し、その上、アテネはとても美しい街に変身して、親切なボランティアもいっぱい。心配されていたテロもなく、平和で最高のオリンピックになりましたへい

    ギリシャ | 【2008-03-22(Sat) 22:28:42】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    今だから語れるアテネオリンピック周辺の話 その2
    開会式の2週間ほど前、関係者を集めての会場説明会で実際にあった話。メインスタジアムの近くの広い荒地に案内された関係者たちは、案内担当者から次のような説明を受けました。「アテネオリンピックでは環境や緑についても充分配慮しています。この辺りも一面、美しい緑地になります。。。。」でも、大会まであと2週間。居合わせた人たちは互いに顔を見合わせて、きょとんとしています。そこに、荷台にたくさんの植木を満載した大きなトラックが続々と。。。あの時、トラックがやってきたのは偶然のタイミングだったのかどうか知らないけど、植木で間に合わせるのも緑地っていうのかなぁ。。。ま、あまりこまかいことを考えすぎないのがギリシャ流??
    こちらは柔道会場です



    ギリシャ | 【2008-03-20(Thu) 22:26:34】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    今だから語れるアテネオリンピック周辺の話 その1
    最近、北京オリンピックについて何かと取りざたされることが多くなってきて、4年前のアテネオリンピック前夜のことを思い出したりしています。当時アテネではオリンピック直前まで施設建設や会場設営、インフラの整備がなかなか進まず、『ほんとに間に合うの~?』、『無理でしょ。。』なんて声がよく聞かれましたね。アテネの準備が遅れているのと対照的に、その次の開催地、北京では2004年の時点でなんと2008年北京オリンピックのための施設がほぼ出来上がってるなんてことも言われて。とにかくアテネでは、開催日が近づいても突貫工事があちこちで続いていて世界中をハラハラさせたけれど、開会式当日には、ほぼ(?)完璧なまでにやり遂げたのです。ギリギリにならないとなかなか物事が進まない・・・・でも最後には超人的な力をふりしぼってちゃんと完成させる。これぞ、ギリシャ人。でも、そんな力があるなら、最初から普通にやればいいのに。。。
    がんばれギリシャ!!




    ギリシャ | 【2008-03-20(Thu) 00:34:00】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    ストライキ、ストライキ、ストライキ。。。
    年金制度が破綻しかけていて、なんとかしないと崩壊してしまう。。。だから、いくつかの専門職業別や公務員、一般民間などに分かれている年金をある程度統合しよう、年金受給年齢も引き上げよう、受給金額は減らそうというのが政府の方針。こうして、社会保障制度改革案が国会に提出され、来週には法案通過の予定だけれど、これに反対の嵐、大合唱。労働組合連盟だけでなく、多くの業界でスト決行中。公共電力会社はもう10日間ほどストをしていて、停電による大きな被害がでています。エレベーターに閉じ込められた、冷凍食品に害がでた、レストランは営業できない、家庭で医療機器を使っている病人、等々・・・。ごみ収集人もストをしているため、道路にはごみがあふれ、ただよう悪臭。19日には再びゼネストの予定だとか。日本も年金問題は深刻、他人事ではありませんね。(A.B)


    ギリシャのニュース | 【2008-03-15(Sat) 14:37:35】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    春めいてきました
    あの大雪と大寒波の襲来から、まだ数週間で、気温はすでに20度を越え、すっかり春らしくなってきました。これから、野に花が咲く季節。アーモンドの木にも花が咲くのですが、これが日本の桜にそっくり。そういえば、昔、日本から桜の苗木がギリシャに寄贈されたことがあったけど、みんな枯れてしまったようです。。。なんでかなぁ。
    静かで穏やかな夕暮れ時。。。ぶどう色の海


    ギリシャ | 【2008-03-14(Fri) 00:13:32】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    どこまで行くのか値上げラッシュ。。
    先月2月のインフが4.4%で、ここ6年間で最高記録となった。1月と較べて0.5%の上昇率。燃料や食料品、原材料の値上げが影響している。灯油は38.1%の値上げ、コーン食用油30.1%、小麦粉19%、パスタ21.3%、ガソリン19%、パン15%、豆類13%、生野菜13.5%などの値上げ。(Flash.gr より抜粋)
    値上げラッシュは日本だけじゃないんですね。生活はたいへんになる一方。政府が悪いとグチる声も大きくなる一方。。。悲鳴に近いかも。
    デモをするためにだんだん人々が集まってきてます。。。


    ギリシャのニュース | 【2008-03-12(Wed) 00:15:55】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    2008年ギリシャ語検定試験
    毎年1回、世界の国々や地域で一斉に実施される、ギリシャ教育・宗教省認定のギリシャ語検定試験のお知らせです。今年の受付期間は3月16日までです。力試しをしたい方はぜひ受験してみてはいかがでしょう?
    世界中、一斉にギリシャ語検定試験!!

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【2008年度ギリシャ語検定試験】「ギリシャ語検定試験」は1994年にギリシャの文部省(教育宗教省)によって設立されたギリシャ語センターが毎年5月に世界各国のセンター支部で行っている、ギリシャ共和国文部省(教育宗教省)認定の検定試験です。検定試験は4レヴェルに分かれており、それぞれ「読解」「聴解」「作文」「会話」の4つの能力で審査されます。
    日本では2007年度からこの試験を実施することができることになり、このたび、第2回目にあたる2008年度ギリシャ語検定試験を下記の要領で実施する運びとなりました。全国各地でギリシャ語を学んでいる方々が日頃の成果を試す機会としてこの検定試験にチャレンジされることを願っています。
                                   記
    【検定試験日程】
     日時:2008年5月14日(水) 9時~12時  Αレヴェル(読解、作文、聴解、会話)
           14時~17時 Βレヴェル(読解、作文、聴解、会話)
               15日(木) 9時~13時  Γレヴェル(読解、作文、聴解、会話)
           14時~19時 Δレヴェル(読解、作文、聴解、会話)
     
     会場:共立女子大学3号館(東京都千代田区一ツ橋2-2-1 )
        
    【内容:レヴェルは4つ】
    Αレヴェル
     ネイティヴスピーカー同士の会話や、日常的な内容の簡単な文章、さまざまなメディア(新聞、ラジオ、テレビ、広報)の報道が概ね理解できる。基本的な情報のやり取りができる。短い簡単な文章が書ける。
    Βレヴェル
     新聞の広告、機器の使用方法、手紙、メッセージ、レポート、記録などの特定のテーマについてその内容のポイントをおさえて理解することができる。特定の場面で効果的に会話をしたり、簡単に個人的見解を述べたりできる。特定のテーマについてその情報を伝える短文が書ける。
    Γレヴェル
     3~4人の会話や新聞、雑誌、規則書、公式文書などから情報や意見を引き出して、正確に理解できる。友人同士のまたは公的な会話に参加して、要領よく受け答えができ、個人的見解や経験を明快にそして正確に述べることができる。必要な情報を詳細に伝えることができる。ギリシャで中等教育を受けていない人に対するギリシャの大学への登録資格。
    Δレヴェル
    多くの人々の間でかわされる会話を聞きながら、そこでとりあげられるさまざまな話題について、それまで知らなかったことでも理解できる。口頭または文書で伝えられる意見を理解できる。いろいろなタイプの文章を使い分けられる。幅広いテーマについて個人的、職業的経験に基づく見解を正確に伝え、明快かつ流暢に表現できる。EUの市民がギリシャの高等教育機関で働くための資格。

    【実施方法】
    試験問題は冊子と聴解のためのCDがギリシャのセンターから日本のセンターに送られてきます。問題は厳重に保管し、試験終了後直ちに、答案と会話の試験で録音したカセットテープをギリシャに郵送します。答案と会話はギリシャ本国のギリシャ語センターで採点され、認定証が後日郵送されます。

    【申し込み方法】
    (1)下記の①~③の内容を明記してメールで申し込んでください。(折り返し、着払いにて、申込み用紙等書類一式を送付いたします。)

     ① 氏名、年齢、受験希望レヴェル(試験は2レヴェルまで受験できます)、
     ② 住所、電話&FAX番号、メールアドレス、
     ③ ギリシャ語の学習方法、年数

    (2)メールの受理後、所定の申し込み用紙等書類一式をメールの添付ファイルで送付します。所定の申し込み用紙とアンケート用紙に記入して郵送してください。

    (3)受験料:下記に示された所定の受験料を郵便局の指定口座に振り込んでください。
    ※受験するレヴェルと数により金額が変わりますのでご注意ください。郵送の宛先及び郵便局口座番号は、受験希望のメールの返信時にお知らせします。

    【受験料】
    Αレヴェル:11,000円
    Βレヴェル:11,000円
    Γレヴェル:13,000円
    Δレヴェル:13,000円

    【申し込み締め切り期限】
    申し込み希望のメールの締め切り:3月16日(日)
    申し込み用紙等及び受験料振込み:3月24日(月)必着

    【受験希望メールの送付 及び問い合わせ先】  kido@s3.kyoritsu-wu.ac.jp

     ギリシャ共和国文部省(教育・宗教省)認定ギリシャ語検定試験日本センター
    認可登録番号81301



    ギリシャ語 | 【2008-03-09(Sun) 14:07:01】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    カサラー・デフテラ ΚΑΘΑΡΑ ΔΕΥΤΕΡΑ
    諸事情により、このブログはしばらく冬眠していましたが、今日から復活です。引き続きギリシャに関することをコツコツ書いていきますので時々アクセスしてみてくださいね。
    さて、3月10日(月)はΚαθαρά Δευτέρα カサラー・デフテラというキリスト教(ギリシャ正教)の休日なので、ギリシャ全国3月8,9,10日と3連休。今日8日(土)は天気予報によると最高気温18度。朝から雲ひとつない快晴で春が来た、って感じです。古くから、カサラー・デフテラには屋外に出て自然を愛でたり、凧(たこ)をあげる風俗習慣があります。各地で凧あげをしているのが見られますよ。また、この日から40日後がキリストが復活する『復活祭』(ギリシャ語ではパスハ:ΠΑΣΧΑ)。カサラー・デフテラ以降、心も身も清めて復活祭に向けての準備を始めるんだとか。その初日にあたる月曜日には、肉や魚、油、卵、ミルクなどを断ち、野菜や豆、貝、オリーブの実などを食べる習慣があります。ちょっとしたダイエットになりますね。


    ギリシャのニュース | 【2008-03-08(Sat) 15:43:32】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。