ギリシャプラザのTwitter

ギリシャプラザのTwitter

    follow me on Twitter
    プロフィール

    Author:エリニカ
    エリニカへようこそ!Καλώς ορίσατε !!
    ギリシャプラザのホームページもご覧ください!
    (このページの右側のリンクのところから飛べます)

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    フリーエリア
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
    Trackback(-) | Comments(-)
    ギリシャにクジラ?
    気温どんどん上昇中。。。明日は37度の予報です。海に飛び込みたい気分!
    ところで、昨日、イオニア海(ギリシャ本土の西側)のケファロニア島沖で、若いメスのクジラが死んでいるのが発見されました。全長15.5メートル。外傷は見当たらず、これから死亡原因を調査するんだとか。 ギリシャとクジラって、なんかイメージが合わないけど。。。少数ながらいるんですね。イルカはエーゲ海でいっぱい見ますが、たまにはクジラと戯れるのも楽しそう?
    夏の到来!


    スポンサーサイト
    ギリシャのニュース | 【2008-05-27(Tue) 23:36:57】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    ギリシャも日本も。。。
    まだ5月というのに、今日のアテネは気温30度を超えて夏日です。天気予報によると、夏の始まりらしいです。
    ところで、食品や日用品のすごい値上がり、食品偽装。。。なんて聞くと日本のことかと思いきや、ギリシャの状況です。ここのところ、値上げラッシュでたいへんなのに加えて、ウクライナから輸入された食用油が汚染されているということが発覚したものだから、国民は食料品に関して疑心暗鬼になってます。ギリシャ国産のオリーブ油精製所まで偽装があるとかないとか。。。なんかもっと明るくていいニュースがほしいと思う今日このごろです。。。


    ギリシャのニュース | 【2008-05-26(Mon) 23:54:54】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    小泉八雲はギリシャ・レフカダ島生まれ
    みなさん,「怪談」を読んだことありますか?「知られぬ日本の面影」とともに小泉八雲の名作ですね。ひと昔前までは国語や英語の教科書で-「耳なし芳一のはなし」とか、「雪女」、「むじな」、「ろくろ首」-おなじみだった小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)は、1850年、ギリシャのレフカダ島生まれ。父はアイルランド人、母はギリシャ人です。2歳のときにアイルランドに移りますが、その後、両親が離婚。厳格な大叔母に育てられます。16歳のときに左目失明、父の病死、翌年に大叔母の破産など不幸が重なり学校を退学。19歳でアメリカへ渡って、職を転々とした後、24歳のとき新聞記者。そして外国文学の翻訳、創作を発表して文才を現します。
    明治23年(1890)39歳のとき記者として来日。その後まもなく、島根県尋常中学校と師範学校の英語教師になり、旧松江藩士・小泉湊の娘「小泉セツ」と結婚。1年3ヶ月で松江を離れたハーンは熊本→神戸→東京と住まいを移し、東京帝国大学、早稲田大学で英文学を教えましたが、1904年、54歳のとき、狭心症で亡くなりました。終焉の地となったのは、現在の新宿区大久保です。すごい波乱万丈の人生。。。心を駆り立てるものがいつもあったのでしょうか。とにかく、古き良き時代の日本をこよなく愛し、日本文化や日本人の心を全世界に紹介した明治時代の文豪小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)がギリシャ生まれっていうのもステキですよね。


    ギリシャ姉妹都市 | 【2008-05-18(Sun) 21:21:50】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    ギリシャ各地を紹介するテレビ番組、続々。。。
    ギリシャには魅惑の島がいっぱい。そのうち、コルフ島、レフカダ島、ザキントス島、ヒオス島、サントリーニ島などが6月、テレビの映像で紹介されますよ。この機会に皆さん、ギリシャ各地を旅した気分になってみませんか? 
     さ
     
    【6月6日(金) 午後10:00~】
    番組名:完璧マップ
    (BSフジ)
    紹介される内容:コルフ島の他レフカダ島、イオアニナとアテネを紹介

    【6月7日(土) 午後7:00~7:50】
    番組名:世界一周!地球に触れるエコ大紀行
    (NHK BS High Vision)
    紹介される内容:ザキントス島

    【6月7日(土) 午後9:00~9:56】
    番組名:世界不思議発見!
    (TBS系)
    紹介される内容:ヒオス島の歴史と文化

    【6月14日(土) 午後11:30~11:50】
    番組名:弾丸トラベラー
    (日本テレビ系)
    紹介される内容:サントリーニ島のワイナリー巡り

                                       (情報提供:ギリシャ政府観光局)


    ギリシャ観光 | 【2008-05-12(Mon) 20:19:05】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    ギリシャの島々
    ギリシャの海は、本土を挟んで、東側がエーゲ海、西側がイオニア海です。つまり、おおざっぱにいうと、ギリシャとトルコとの間の海がエーゲ海、ギリシャとイタリアとの間の海がイオニア海。日本では圧倒的にエーゲ海のほうが有名ですね。でも、イオニア海もとてもすてきでお勧めです。「ハワイなんて目じゃない、ここは天国だよ。。。」と、ある日本人旅行者のおじいさんも驚いてました。難点は、日本から行く場合、まず首都アテネまで行って、そこからまた陸路数時間かけてイオニア海沿岸にたどり着き、その先に島があるので、かなり距離があって遠いということです。だけど、それだけの価値があるかも? イオニア諸島はイオニア海に浮かぶ主要な7つの島からなっています。島のひとつにレフカダ島というのがあります。レフカダ県が運営しているこちらのサイトの写真だけでもご覧ください。地中海でももっとも美しいといわれている場所です。。。⇒ http://www.lefkada.gr/?langid=2

    ギリシャ観光 | 【2008-05-08(Thu) 23:27:03】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    ギリシャの通貨がユーロになってから
    紀元前の古代、つまり二千数百年前からギリシャの通貨はドラクマでした。現代のギリシャでも、数年前まではドラクマでした。そのドラクマに代わって、ギリシャでユーロが導入されたのが2001年。それから7年。今年、2008年に消費者が物やサービスを購入するために支払う金額は、7年前の2-3倍になったものまであります。いまだにユーロという通貨の価値をよく理解しないまま使っている人も多いとか。ユーロって桁数が少ないので、感覚的に少額だと錯覚してしまうんですね。
    いくつかの例:2001年末までは医者に診てもらったときの診療費は1回あたり10,000ドラクマ以内。ユーロに換算すると30ユーロ。それがまたたく間に50ユーロ、つまり17,034ドラクマに値上がりした。
    当時、郊外のアギア・パラスケヴィ地区で100平方メートルのマンションの部屋を買っていたら、68,100,000ドラクマ。今日、同じ部屋を買うと、ドラクマ換算で105,632,500ドラクマ。つまり55%の上昇。駐車料金は、当時2000ドラクマ。今日ではドラクマ換算で3,407ドラクマ。つまり70%の上昇。給料はといえば、この7年間で、基本給が44%の上昇にとどまる。
    一方、ドル安ユーロ高も手伝って、電気製品・電子製品は今日のほうが安く購入できるようになった。42インチのプラズマテレビは2001年に較べて88.5%安くなり、デジタルカメラは94%安くなった。
    (参考:TA NEA紙 5月4日)
    日本人にとっても、ユーロ高で、アテネの土産物屋が高くなったと感じます。。。


    ギリシャのニュース | 【2008-05-04(Sun) 23:41:16】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    アテネの公共交通機関、5月1日から一斉値上げ
    5月1日より、アテネの青いバスの乗車賃は50レプタから80レプタへ、路面電車の乗車賃はなんといきなり2倍になって、40レプタから80レプタへ値上げされました。ちなみに100レプタ=1ユーロです。ただ、この値上げは暫定的なもので、2009年1月1日には再値上げが予定されており、すべての公共交通機関で均一運賃が適用されて、1ユーロになるそうです。わかりやすいといえばわかりやすいですが、高くなるのはやっぱり困ります。。。
    アテネの人々の足、路面電車(トラム)


    ギリシャのニュース | 【2008-05-02(Fri) 23:13:58】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。