ギリシャプラザのTwitter

ギリシャプラザのTwitter

    follow me on Twitter
    プロフィール

    エリニカ

    Author:エリニカ
    エリニカへようこそ!Καλώς ορίσατε !!
    ギリシャプラザのホームページもご覧ください!
    (このページの右側のリンクのところから飛べます)

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    フリーエリア
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
    Trackback(-) | Comments(-)
    アテネの地下鉄 空港方面行き しばらくお休み
    アテネの地下鉄のうち、旅行者に一番役立っている「ライン3」の空港方面行きの一部区間が2月14日から6ヵ月間休止になります。休止区間はエスニキ・アミナ駅から先、空港まで。途中に新駅を建設するためだそうです。駅を結ぶバスを増便するらしいけど、それにしても半年間もお休み。。。観光立国なのに、だいじょうぶ?? こちらがハラハラしてしまいます。。。
    しばらくなくなる空港行き



    スポンサーサイト
    ギリシャのニュース | 【2009-01-29(Thu) 00:10:01】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    ギリシャ語能力検定試験 (1)
    最近、日本ではさまざまな「検定」がはやっていますが、ギリシャ語能力検定試験は正真正銘、ギリシャの文部省認定の検定試験です。毎年5月に世界各地で一斉に実施されます。日本でも一昨年から受験できるようになりました。実施しているのは、ギリシャ語検定試験・日本センター。
    この検定試験には、Α, Β, Γ, Δの4つのレベルがあって、ギリシャ語能力を第三者が客観的に評価できるだけでなく、実用性があります。たとえば:
    ・ギリシャでさまざまな仕事に就く場合、ギリシャ語能力に関しての前提条件になる。
    ・外国人が【Γ】レベルに合格していれば、ギリシャの大学に入学することが可能になる。
    ・EU圏の市民が【Δ】レベルに合格していれば、十分なギリシャ語能力があってこれを駆使できるものと認められ、希望すればギリシャの公務員に応募することも可能。
    検定試験ポスター


    ギリシャ語 | 【2009-01-27(Tue) 22:34:17】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    ギリシャのカーニバル 『アポクリエス』
    ギリシャの人々にとって最も盛大で最も神聖な祝日は『復活祭』。今年(2009年)は4月19日(日)です。その『復活祭』に向けて、この時期から徐々に準備段階に入ります。まず、復活祭の週の直前の40日間を『サラコスティ』といいます。復活祭に向けての断食の期間。さらに、その前の3週間を『アポクリエス』といいます。言葉の由来は“肉食を断つ”という意味。アポクリエスの後、肉類を断つからですね。昔から、『アポクリエス』の時期にはおもしろおかしく仮装したり歌って踊って騒いで楽しく過ごすという習慣があります。ま、考えてみると、ギリシャ人は一年中、皆で集まって食べたり飲んだり踊ったりの大騒ぎが好きですが、仮装パレード=カーニバルはこの時期特有。ギリシャ各地で仮装パレードが見られます。特に有名なのはパトラ市のパレード。豪華な山車から、最近の出来事や風刺的なテーマの山車まで、たくさんお目見えしますよ。



    ギリシャ | 【2009-01-27(Tue) 21:21:14】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    ギリシャのお正月:ヴァシロピタ
    お正月の時期の風習はいろいろありますが、やっぱり一番はヴァシロピタ。聖人ヴァシリオスにお供えするパイというのが元々の意味するところ。大きい円形のパウンドケーキ(または甘いパン)で、中にはアルミホイルなどでくるんだコインが1個隠し入れてあります。1月には、各家庭はもちろん、職場でもみんなが最初にそろって顔を合わせるときなどにこのヴァシロピタの儀式をしますよ。家庭ならお父さん、職場ならボス、サークルならリーダーがまず、ヴァシロピタの上で十字を3回きって新年の幸福を祈ります。その後、切り分けて最初の1切れはキリストへ、次のは聖ヴァシリオス、それから家、貧しい人々、家族の一人ひとりの分というように切って配られます。その場でみんなで食べるのですが、コインが入っている部分が当たった人はその年、運がいいんだそうです。みんなで分かち合うっていうのがたいせつなことなのかも?

    ギリシャ | 【2009-01-12(Mon) 22:27:40】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    ギリシャのお正月 ΚΑΛΗ ΧΡΟΝΙΑ
    ΚΑΛΗ ΧΡΟΝΙΑ (新年おめでとうございます)。
    いつもブログを訪れてくださってありがとうございます。今年もエリニカブログとギリシャプラザをよろしくお願いします。
    ギリシャのお正月の風習。大晦日の夜、年の変わり目にはいったん家の電灯を全部消して、12時になって日付が変わるとスイッチを入れて明るくし、水道の蛇口を開いたり窓を開けて、新鮮な水や空気を家の中に入れたりします。
    誰が最初に家に入るかにも気を配ります。家にその年一年の幸運がもたらされることを願いながら、家の主人か長男(ギリシャは伝統的に男性優位の社会!)または運のいい人、元気で強い人とかが、最初の一歩を右足で踏み入れます。
    それから、ギリシャ版のサンタクロースである聖ヴァシリオスが訪れるのはお正月。お菓子と、水を注いだコップをお盆にのせて大晦日に置いておくと、聖ヴァシリオスが家を訪ねてきてくれるんだそうですよ。
    リカベトスの丘


    ギリシャ | 【2009-01-11(Sun) 23:40:32】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。