ギリシャプラザのTwitter

ギリシャプラザのTwitter

    follow me on Twitter
    プロフィール

    Author:エリニカ
    エリニカへようこそ!Καλώς ορίσατε !!
    ギリシャプラザのホームページもご覧ください!
    (このページの右側のリンクのところから飛べます)

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    フリーエリア
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
    Trackback(-) | Comments(-)
    ギリシャ料理をつくったり食べたり・・楽しむイベント
    ギリシャ人のカテリーナさんにおしえてもらいながら、ギリシャの家庭料理をつくって食べて、ギリシャのことやギリシャ語も聞けちゃうという会はこちら⇒ http://e-girisha.com/info_plaza.html#info_cooking_school 今回のメニューは、ギリシャ料理としては日本で一番知られている『ムサカ』、その他。
    お


    スポンサーサイト
    ギリシャ料理 | 【2009-09-21(Mon) 13:17:57】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    ギリシャで見つけた・・ニセ百均ショップ??
    ギリシャのケルキラ島で、こんな看板の出ているお店を見つけました。1ユーロショップと書いてあるので、「へぇ、日本の100円ショップみたいなのがあるんだぁ」と思い、中に入ってみると、確かに安いけれど1ユーロじゃないものだらけ。お店のおじさんにたずねてみました、「看板には1ユーロって書いてあるけど?」 そうしたら、おじさんが言うには、「よく見てごらん。1ユーロ前後って書いてあるよ。」 なるほど、確かに上側の青い枠の中に「前後」ってありました・・・。
    1ユーロ前後・・






    ギリシャ | 【2009-09-20(Sun) 23:11:45】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    ギリシャの産物・・・これは何?
    ギリシャの産物といえば・・・オリーブ、トマト、ワイン、果物とかいろいろ。では、このかわいいお花みたいな実はいったいなんでしょう?
    きれいなピンク色の実です

    答え:ピスタチオ




    ギリシャ | 【2009-09-20(Sun) 00:32:05】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    ギリシャを 世界旅行博で訪問
    9月19日・20日は東京ビッグサイトで『旅行博』が開催されています。ギリシャのブース、すごくすてきらしいです。。
    ケルキラ島の花嫁衣装


    ギリシャ観光 | 【2009-09-19(Sat) 00:22:16】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    ギリシャの日常風景2 電車の切符
    アテネ市内の電車の切符。1ユーロ。これで90分の間、どこへでも、何度でも乗れますよ。地下鉄、バス両方に有効です。
    1ユーロです



    ギリシャ観光 | 【2009-09-18(Fri) 13:34:42】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    ギリシャの日常風景1 お肉屋さん
    街のお肉屋さん。ショーケースの中にはあまり肉が出ていません。ほしいものを言うと、冷蔵庫から出してくれたりします。もちろん、基本的に肉はカタマリで買いますよ。それにしても、もう少しおいしそうに陳列するとか・・・きっと日本人だったら考えそう。
    ほしいだけ切ってもらいます

    ちょっとグロテスク?


    ギリシャ | 【2009-09-18(Fri) 13:29:30】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    ギリシャ 新アクロポリス博物館の入口
    ギリシャのアテネに行く人には・・・新アクロポリス博物館、超おすすめです。これは入口手前の中庭ですが、こんなふうに、発掘したときの様子がそのまま見えるようになってます。
    新アクロポリス博物館の入口の手前


    ギリシャ観光 | 【2009-09-17(Thu) 08:00:00】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。