ギリシャプラザのTwitter

ギリシャプラザのTwitter

    follow me on Twitter
    プロフィール

    Author:エリニカ
    エリニカへようこそ!Καλώς ορίσατε !!
    ギリシャプラザのホームページもご覧ください!
    (このページの右側のリンクのところから飛べます)

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    フリーエリア
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
    Trackback(-) | Comments(-)
    ギリシャ映画
    第83回米国アカデミー賞のノミネーションが発表され、外国語映画賞の分野でギリシャ代表の作品 Κυνόδοντας(犬歯) が最終の5作品のうちの1つに入っています。ここ数年でギリシャ映画で目立ったのはB級ホラー作品ぐらいだったので久しぶりの快挙。受賞するかなぁ。。。
      

    スポンサーサイト
    ギリシャのニュース | 【2011-01-26(Wed) 10:32:08】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    ギリシャのスープ・ファソラーダ
    寒い日においしく温まるなら、これ! 豆のスープです。ファソラーダといいます。ギリシャの家庭の味。
    あったかいスープ!


    ギリシャ料理 | 【2011-01-20(Thu) 10:22:34】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    ギリシャ語能力検定試験が今年も実施されます
    世間は検定試験ブームの時代。その中でも難関中の難関、ギリシャ語能力検定試験。でも、がんばって学習している皆さんに朗報。今年の能力検定試験はレベル分けの変更があり、A1レベルという、今までより少しやさしいレベルができました。実施日は5月10日、11日、12日です。我こそはと思う人は受験してみては?
    詳細は近日中にこちらのサイトで。⇒ギリシャ語能力検定試験について


    ギリシャ語検定試験 | 【2011-01-18(Tue) 15:38:36】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    ギリシャのお菓子
    ギリシャで冬場いちばんポピュラーなお菓子はシナモンの香りがいっぱいでしっとりしたメロマカロナ、それにサクッとした触感が特徴の白いお菓子クラビエデス。
    メロマカロナ クラビエとメロマカロナ・・・Aさんのお手製



    ギリシャ料理 | 【2011-01-18(Tue) 15:23:43】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    ギリシャの年末年始 
    扉の向こうは・・・ ギリシャ在住のクリスティーナさんから季節の便りが届きました:
    ΧΡΟΝΙΑ ΠΟΛΛΑ!!(ホローニア・ポラー) ⇒おめでとう!!という意味
    ギリシャでは12月25日のクリスマス以降、いたるところでこの<ΧΡΟΝΙΑ ΠΟΛΛΑ!!>の挨拶が交わされます。それはクリスマス以降も続く新年を含む祝祭日が終わったあとまでも続いています。

    さて2011年の年が明け、日本では仕事も学校もはじまっていますよね。ここギリシャでも同じです。
    今回は少し月日を遡って昨年12月から年明け以降のギリシャの模様をお伝えします。
    ここギリシャの祝祭日は国教である正教が定める祝祭日から起因しているものもあります。
    ※ 正教で定める祝祭日(例、クリスマスや復活祭等)がギリシャの祝祭日となる日もあれば、お祝いするという意味だけでお休みとならない日もあります。
    その中でもこの12月から年明け1月始めは祝祭日の目白押しでした。

    まずは12月25日のキリスト様生誕の日。この日は日中、家族・親戚同士で食事をし、夜は友人、恋人同士等で外出する人が多いようです。
    なんといっても11月中旬から40日間続いたものいみ(食事制限)があける日でもあるので、各家庭で豪華な食事を作ってお祝いします。

    年が改まり1月1日、この日は新年のお祝いだけではありません。大聖人バシリオスの日でもあるのです。世間一般に知られているサンタクロースの存在、ここギリシャではサンタクロースではありません。サンタクロースは大聖人バシリオスと呼ばれています。そしてクリスマスプレゼントをもらったり開けたりするのは1月1日です。
    ただサンタクロースの文化も今は受け入れられているようで、クリスマス飾りには赤白の服をきた世間一般に知られているあのサンタクロースを飾っているお宅も多く見られます。

    その次は1月6日のキリスト様がヨルダン川で洗礼を受けた日。この日の前日5日と当日6日には教会で聖水が司祭の手で作られ、教会にやってきた信者の皆さんは水筒やペットボトルを持参する方も多く、この聖水を自宅に持って帰ります。
    都心部等は分かりませんが私たちの村や周辺の地域ではそれぞれ司祭がバジル、作った聖水、十字架を持って村(管轄地域)のすべての家を回り祈祷をしてくれます。

    6日は海や湖、川のある場所では主教や司祭が現地に赴き、水面に十字架を投げ入れ、その十字架めがけて男性陣が冷たい水に飛び込み、この十字架を拾った方が福男となるお祭りも行われます。
    このお祭りはギリシャ各地で行われます。ちなみにこの日は聖人セオファニスの日でもあり、セオファニス(ファニス)、ファニー、フォティス、フォティニー(ファニス以降3つの名前は省略名)等の名前をもつ方たちはみんなネームデーです。
    上記のお祭りもそうですが、この日は彼らのネームデーを祝って、お祝いの電話をかける人、お宅にお祝いに駆けつける人たちも大勢です。
    義母の話ではギリシャでは12月に入ったらクリスマス飾りを点灯し始め、そしてこの1月6日をもってクリスマス飾りは片付けられます。

    実はまだこれでは終わりません。
    休日ではありませんが、1月7日はキリスト様を洗礼した聖人イオアニスの日です。ギリシャではヤニス(イオアニス)、イオアンナという名前の人が大勢います。
    ものの例えに道でヨルゴス(ギリシャ人に一番多い名前)かヤニスの名前を呼べば、何十人もの人たちが振り返るというほどです。この日は多くのヤニス、イオアンナの名前を持つ人たちにお祝いの電話をかけたり、お宅にお祝いに伺います。

    お休みムードもこれでおおむね終わり、今年は8日、9日と土日だったこともあり1月10日からは通常モードです。
    このあとは1月15日から始まるギリシャ全土の一斉バーゲンセールが待っています。一部の商店では不景気であることから前倒しでセールを始めていますけれど、年に2回のこの時期を楽しみにしている人が大勢いるので、これで冷え込んだ商店街地域に活気が戻ってくれることを願っています。
    ギリシャは今年も公共機関のストが断続的に続いています。
    去年のは政府が発表する緊縮政策に反対するデモやストライキが年初めから年末まで続きました。
    今年も早々に食品にかける消費税の税率があがり、公共乗り物の料金も上がるという報道等、今後も緊縮政策が続くような報道が連日続いています。

    文末になりましたが今年もどうぞよろしくお願いしたします。⇒ クリスティーナさんの、その他の記事はこちら

    ギリシャ | 【2011-01-14(Fri) 17:22:31】
    Trackback(-) | Comments:(1)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。