ギリシャプラザのTwitter

ギリシャプラザのTwitter

    follow me on Twitter
    プロフィール

    エリニカ

    Author:エリニカ
    エリニカへようこそ!Καλώς ορίσατε !!
    ギリシャプラザのホームページもご覧ください!
    (このページの右側のリンクのところから飛べます)

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    フリーエリア
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
    Trackback(-) | Comments(-)
    悩めるギリシャ人
    ギリシャ債務問題が相変わらず世間を賑わせている。
    ドキドキ、ハラハラの綱渡り状況がずっと続いている。何度も「今日がヤマ場」とか言われながら、これまでのところ、なんとかなってきた。いつがほんとうの「ヤマ場」なのかわからないので、もういい加減、嫌気がさしている人が多い。ギリシャ政府は債権者側との交渉で、「苦痛を伴う緊縮策は絶対受け入れられない」と、断固としてゆずらない。交渉は遅々として進まず、先行き不透明で不安定な状態が続いていることから、ギリシャ国内経済は停滞を通り越して、凍りついている。いつデフォルトになるのか、あるいは危機を脱出できるのか、ユーロを離脱するのか、しないのか、はっきりしないので世界経済の不安要因であり続けている。
    外から見ていると、「いったいギリシャ人は何を考えているんだ」と言いたくなるだろう。
    最新の世論調査でも、ギリシャ人の80%が「ユーロ圏に残留」を希望している。そして、50%が「たとえ今より厳しい緊縮策を課せられたとしてもユーロ圏に残留すべき」と答えている。では、緊縮策を受け入れれば簡単に話は済みそうなものだが、そうはならない。 (続く)
    通行禁止


    スポンサーサイト


    ギリシャ人 | 【2015-06-07(Sun) 05:21:55】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。