ギリシャプラザのTwitter

ギリシャプラザのTwitter

    follow me on Twitter
    プロフィール

    エリニカ

    Author:エリニカ
    エリニカへようこそ!Καλώς ορίσατε !!
    ギリシャプラザのホームページもご覧ください!
    (このページの右側のリンクのところから飛べます)

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    フリーエリア
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
    Trackback(-) | Comments(-)
    悩めるギリシャ人3 年金生活者
    緊縮策の一環として、2010年から年金や給与の削減が始まった。もとは年間で14ヵ月分支給されていた年金が、2ヵ月分カットされて12ヵ月分になり、毎月の支給額自体も減らされていった。じわじわと数パーセントずつカットされることが続いて、今では多くの年金生活者の毎月の受給額が5年前の3割から4割も減ってしまった。一方では臨時税や増税も相次ぎ、年金しか収入がない人々にとっては生活水準が激変するという結果になっている。5年間もそんな緊縮策の下での生活が続き、これでは自分たちには衰弱死しか残されていないという声が高まる中、今年1月の選挙があった。シリザ党(急進左派連合)のチプラス党首は緊縮策を撤廃する、年金や給与も保証すると明言した。年金はカットしない、というチプラス党首の選挙公約を信じて、あるいはそれに一縷の望みを託して、多くの年金生活者たちはシリザに投票した。これまでの支持政党がどの党かというのはもうあまり関係ないことだった。選挙は緊縮策を撤廃するというシリザが大勝し、新政権が発足した。
    チプラス政権になってから 公約は実行されていない。しかし、今のところ具体的な年金カットも行われていない。EUやIMF、ヨーロッパ中央銀行などの債権者側との厳しい交渉が5か月にわたって続いているが、今もチプラス政権は年金については譲れない、としている。交渉の行方が依然として見えず、ギリシャがユーロ圏にとどまれるのかどうかもわからない、明日どうなるのかもわからない破たんの瀬戸際という不安定な状況が続いているのにチプラス政権は今も支持率では独り勝ち状態だ。そこには多くの年金生活者の、「もうこれ以上は我慢できない、何とかしてほしい」という思いも含まれている。この政権でも年金カットが現実に行われたら、支持率はあっという間に急降下するだろう。
    ユーロ圏離脱ということになればもっと厳しい生活になることが予想できるのに、どうしてギリシャ人にはそれがわからないのだろうという見方もあろうが、次々と打ち出される政策で惨めな生活を強いられてきた5年は我慢するには長すぎたのかもしれない。ほんのわずかでも交渉の余地があるなら勝負に打って出るというやり方が支持されている。但し、ほんとうにユーロ圏を出てもいいと思っている人は少ない。
    スポンサーサイト


    ギリシャ | 【2015-06-15(Mon) 10:33:33】
    Trackback:(0) | Comments:(1)
    コメント
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2015-06-23 火 17:17:08 | | # [ 編集]
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。